ドッグフードを食べない愛犬のお悩み解決!!

安心の意味を考えよう!安全なドッグフードなら大丈夫?

 

毎日与えていても安心なドッグフードはどれかと考えて安全なら大丈夫と考えるのは真っ当な考え方です。

 

あまり品質が良いとは言えない素材を利用して製造されているドッグフードが多いという実情があるため、

 

良質な素材だけを原材料にしているものを選ぶのは安全を確保する上で重要な考え方になります。

 

原材料の一つ一つがはっきりとよくわかるものになっていて、どれも間違いなく安全に食べられるものとなっていれば安心できることは確かです。

 


チワワのおすすめドッグフードならこれですね

 

 

ドッグフードには見方によっては安全性についての心配がある原材料が用いられていることもあります。

 

プロピレングリコールのような湿潤剤かつ防腐剤として用いられる添加物は代表的なものであり、食品添加物としても認められてはいるものの、大量摂取によって毒性が出ることも知られているものです。

 

ソルビン酸カリウムやエトキシキンのように毒性が疑われていながらも使用が許可されているものも少なくありません。

 

このような添加物を一切使用していないドッグフードは与え続けるのにも心配が少ないのは確かです。

 

しかし、それだけで犬に本当に毎日与えていて安心かどうかはよく考える必要があります。

 

安全性について十分に信頼できるようなドッグフードであってもやはり安心できないということもあるからです。

 

安心とい言葉の意味として、食べさせておいても健康に支障が生じる可能性が低くて安全という要素がまずあります。

 

このような考え方から人工添加物不使用、穀物不使用、ヒューマングレードといった形でプレミアムなドッグフードに仕上げているものも多くなりました。

 

さらには栄養の組成にも注意して多価不飽和脂肪酸を多く含むようにしたり、アレルギーになりやすい原材料を使わないようにしたり、

 

腸内環境を整えるための栄養添加剤を使用したりしているドッグフードもあります。

 


チワワのおすすめドッグフードならこれですね

 

 

しかし、その魅力に駆られて買い与えてみたものの、あまり食べないという状況になるとオーナーとしては不安にならざるを得ません。

 

新しいドッグフードを与えて喜んで食べている愛犬の姿を想像していたオーナーの場合には、その様子をみて愕然としてしまう可能性すらあります。

 

一方、プレミアムなドッグフードの中には全犬種全年齢対応というものも多くなっています。

 

中にはまだ幼犬のうちは避けるようにしてあって対象になるのが一歳前後になってからというものもありますが、

 

本当に幼いうちから老犬になるまでずっと同じもので良いのかというのも不安になりやすい点です。

 

犬には無数の種類があって血統書付きの種類だけでなく雑種も含めると枚挙に暇がありません。

 

それぞれで体格も違えば成長速度も違い、毛並みも違えば運動量にも大差があります。それなのに本当に同じドッグフードで大丈夫なのかという疑問を抱く人もいるのは確かです。

 

このような形で安全だから安心という考え方の他にも安心についてはもう一つの意味を求めることが大切です。

 

オーナーが何の不安も抱くことなく犬に与えることができるドッグフードを選んで初めて安心が得られます。

 


チワワのおすすめドッグフードならこれですね

 

 

どのような要素が揃っていれば本当に安心できるかは人によって異なりますが、概して重要になるのがメーカー側の配慮です。

 

オーナーが心配として抱きやすいことを察知して対策を立ててあるメーカーのドッグフードを選ぶと安心して犬に毎日与えられるようになります。

 

犬が好んで食べなかったというときには急に極端に味や風味の違うドッグフードに切り替えたのが原因であることがあります。

 

その点を理解してメーカー側が少しずつ慣らす方法について提案していればオーナーは心配になることはありません。

 

全犬種全年齢対象ではなく、犬種ごとに違う配合のドッグフードを用意し、

 

年齢別にまた違う種類のドッグフードを用意しているとこの点に不安を抱くオーナーにとっては心強いと考えられます。

 

本当に全犬種全年齢対象になっているのであれば、犬種や体重、年齢に応じて適切なドッグフードの給与量を明示してあるとオーナーは安心することができます。

 

さらに個々の犬についての情報をメーカーが聞いてオーダーメイドでドッグフードを調製してくれるというのが理想的と言えます。

 

このような点まで配慮しているメーカーが製造しているドッグフードの方が一般的にオーナーは安心することができるものであり、

 

ただ安全かどうかだけで大丈夫だと判断してしまわないのが無難です。

 

ドッグフードの安全性へのこだわりはだんだんと強まる傾向がありますが、オーナーが犬を育てる上での不安を払拭できるサービスも提供していることがよくあります。

 

電話やメールでの問い合わせができるようになっているメーカーもあり、犬の育て方からドッグフードの安全性についての疑問まで幅広く扱ってくれるのが一般的です。

 

このようなサービスを含めてドッグフードを選ぶようにするとずっと安心して安全なドッグフードを与えることができます。

 


チワワのおすすめドッグフードならこれですね