ドッグフードを食べない愛犬のお悩み解決!!

価格に納得いく、こだわり

国際標準化機構の規格を導入し、原材料から最終製品にいたるまで、安全管理、品質管理に、強いこだわりがあるのがロイヤルカナントです。

 

また、原材料は、国際標準化機構の規格だけでなく、独自の厳しい規格をクリアした納入業者からのみ入荷している徹底ぶりです。

 


チワワのおすすめドッグフード

 

さらに、犬がよりよい栄養状態を維持できるように、日々の研究も怠ることはありません。その成果の裏付けが、食事療法食の存在だと思います。

 

ロイヤルカナントは栄養素だけにこだわっているだけではなく、愛犬が美味しいと感じるために、フレーバーのこだわり、舌触りや、粒の大きさによる噛み心地など、様々なことにこだわっています

 

もちろん、おいしさと品質を悪化させないために、気密性のたかいパッケージをしようしています。

 

ロイヤルカナントの強いこだわり、高い安全性の維持、日々の研究、美味しさへの追及などなど、様々な手間やチェック体制があり、それが、価格を高くしているのですが、納得のいくものだと思います。

 


チワワのおすすめドッグフード

 

また、ロイヤルカナントに無料で会員登録をすると、飼い主が、愛犬に必要な栄養素を学べるシステムもあり、なぜ、それがよいのか、ということを学ぶこともできます。

 

犬種ごとに必要な栄養素、気をつけるべきポイントをおさえて作られたブリードヘルスニュートリションは、14種類の犬種に対応しています。

 

顎の大きさや、消化器官などに合わせて作ると、ドックフードの粒の大きさや形だけでも、14種類でかなりの違いになります。

 

カロリー、糖質、脂質、たんぱく質、食物繊維を五角形の図にしてみると、14種の犬種には、その形に違いが出てきます。

 

基本栄養素だけでも、違いがあるのなら、さらに細かく分類すれば、まったく違ってくるのは、簡単に想像できると思います。

 

皮膚の健康、心臓の健康、肥満、関節の健康など、犬種によって大きく差が出てきます。

 


チワワのおすすめドッグフード

 

犬種によって、特定の疾患が出やすいのも、事実で、ダックスフンドなら椎間板ヘルニア、バグなら皮膚病、気管が狭くなっているため、フードがつまらないようにする配慮が必要です。日々の食事で、できるだけカバーしてあげたいと思うのは、飼い主ならだれもが思うことだと思います。

 

犬種ごとに注意しなければならない健康上のことは、あげればきりがありません。

 

ロイヤルカナントでは、そんな違いを専用のフードを作ることで、サポートしてくれるのです。

 

犬種が違えば、散歩の運動量や必要になるケア、栄養素が大きく違う、そのことを意識すれば、安全性だけではなく、自分の愛犬にあったフードとはという悩みにたどり着くと思います。

 

ロイヤルカナントでは、健康を維持するために犬種別に注目した商品があり、自分の愛犬にあったフードを見つけられると思います。

 


チワワのおすすめドッグフード