ドッグフードを食べない愛犬のお悩み解決!!

ペディグリーのドライ製品「成犬用」について

マースコーポレイティッド社が扱う、テレビCMやネット上でのバナー、ネット通販にあるぺットフードの販売フォームなどでも有名なペディグリーのブランドですが、その中でも今回の記事では、ドライ製品の「成犬用」について触れてみます。

 

現在のところ、この製品にはビーフと緑黄色野菜、魚、チキンなどを原材料にした3種類のものがあります。

 

そして、2.2s・5.5s・10sのそれぞれの重量からなりますが、やはり成犬といっても、その個々での食事量の違い、体型、体質などのあり方などもありますので、それぞれに合った重量のものを選択できますので、飼い主としてもその判断のしやすさの面で、とても助かります。

 

とくにこのドライ製品での成犬用であるものに関しては、その他の各用途のものと同じく、消化吸収の健康維持・毛艶や皮膚の健康・口内の健康維持・健康面での免疫力維持のためのサポート、等々、これらのような全ての成犬においての各種健康ケア面での配慮がかなりなされている仕様になっていますので、とてもありがたい製品構造でもあります。

 

このような成犬用のドライ製品ですが、それでは今から、3つからなる各種フレーバーについて見ていきます。

 

 


チワワのおすすめドッグフード

 

 

まずは「ビーフ&緑黄色野菜入り」のものについてです。こちらは、2.2s・5.5s・10sの3つの重量別の量からなりますが、それだけに量そのものの選択肢の選び方が多くなりますので、とてもありがたい重量配分の設定です。

 

そのうえ緑黄色野菜が原材料として使用してありますので、ヘルシーさもあり、栄養調整などには持って来いの製品でもあります。

 

次は「ビーフ&緑黄色野菜&魚入り」のものになりますが、今話したビーフ&緑黄色野菜のものと同じ3つからなる重量配分になります。

 

先程のビーフのみとは違い、新鮮な魚類などが加えられている製品仕様のものになっていますので、そうした面で他の仕様のものとは異なる美味しさがあります。

 

そして3つ目の「チキン&緑黄色野菜」になりますが、2.2sと5.5sの2つのみからなる重量配分という仕様になっています。

 

ビーフなどと同じく、元々肉食である犬自身の好きな肉類の一種であるチキンが食材として採用をされていますので、ビーフや緑黄色野菜、魚類などとは違う美味しさがあります。栄養面での仕様なども、他の2種類と同じく上手く配分がなされていますので、健康維持にも最適な製品です。

 

以上が、ペディグリーでのドライ製品「成犬用」での内容になります。

 

 


チワワのおすすめドッグフード