ドッグフードを食べない老犬に対する対策

老犬になった愛犬がドッグフードを食べなくなってしまった場合の対策について

 

ドッグフードを食べない老犬に対する対策

 

近年、ペットを家族同然に可愛がっている家庭は増えています。そして、その様なペットブームにともなって、動物医療の進歩も目覚ましくなり、ペット達の平均寿命も昔に比べると格段に伸びてきています。

 

ペットの中でも、特に犬を飼う人の数が最も多くを占めており、その犬達の平均寿命もグンと長くなっているのです。

 

それにより、老犬の割合も増加しており、中には、老化で身体が思う様に動かなくなって、飼い主の手で介護を受けている様な犬も決して珍しくない時代です。

 

多くの犬は、子犬の頃からドッグフードを主食として育ちます。しかし、歳を重ねて行くと、病気や老化で、ドッグフードを食べない老犬も増えていきます。

 

 

 

愛する家族である老犬の愛犬がドッグフードを食べなくなってしまった場合の対策方法

 

 

その様な時には、どの様な対策を取るのがベストなのでしょう。

 

まずは、食べない老犬の全身状態をよく観察し、食べない原因を知ることから始まります。

 

飼い主にも専門的なことは分かりかねることもあるでしょう。その様な時には動物病院の医師に相談し、その原因の手がかりを見つけることが必須となります。

 

人間も同じですが、食べない老犬は、衰弱するスピードも早くなります。その為、食欲不振に気付いたら、なるべく早い段階で何らかの対策をとることが望ましいと言えます。

 

最近では、医療の進歩と同様に、犬のドッグフードも様々な工夫と研究がなされ、より健康的に長生き出来るように配慮された製品が多く出回っています。

 

子犬時期や成犬時期、老犬時期など、それぞれのライフステージごとに分けて、その時、その時に必要な栄養成分が理想的に配分されたドッグフードなども店頭に多くみられる様になってきました。

 

老犬で特別な疾患などが見られない場合には、一度この様なフードを与えてみるなど、普段のフードを見直すことから、その対策を考えていくのも一つの方法です。

 

フードを見直す他は、同じフードでも、食べやすい工夫をしてあげることも時には有効かもしれません。

 

例えば、硬めのフードなら、少しお湯でふやかしてあげるなど、小さな一工夫が食べない老犬の手助けになることもあるのです。