愛犬が餌やドッグフードを食べてくれない主な原因について

犬がドッグフードを食べない原因について

 

愛犬が餌やドッグフードを食べてくれない主な原因について

 

飼っている愛犬が急にドッグフードを食べなくなったら、「なんで食べてくれないの・・・?」と」相当心配になりますよね。

 

しかし、ほとんどの場合は心配はいりません。

 

元気な子が急にドッグフードを食べなくなったら、それは「単なるわがまま」の可能性が高いです。

 

わがままの場合、他の食べ物がほしいと意思表示している場合もありますが基本的に人間が食べているものを犬に与えてしまうと栄養過多になる場合も多く、そもそも犬に不必要な成分であったりする場合もある為、朝ごはんや夕飯の残りを犬に与える様な事はしない様にしてください。

 

欲しがって食べない事がある場合は、目の前に食べない餌やドッグフードを片付けてしまい食べないとお腹が空くという事をわからせるようにしましょう。

 

ドッグフード 食べない

 

特に主従関係を明確にし、飼い主としてわがままで食べないなら食事はとらなくていいとはっきり愛犬に意思表示してください。

 

おやつのあげすぎということも考えられませんか?

 

例えば、飼い主さんがかわいいからという理由で、おやつをねだられたときにあげてしまうと、癖になってしまいおやつのあげすぎに繋がります。

 

ごはんの時間の合間合間におやつをあげてしまうと、ごはんの時間におなかが空いていないがためにドッグフードを食べなくなってしまう場合が多々あります。

 

おやつのあげすぎは、食欲を減退させるだけではなく、肥満などにもつながりやすく栄養バランスが崩れる原因にもつながるので要注意です

 

普段の日常で与える餌やドッグフードも量をたくさんあげるのではなく、その子に体重や必要なカロリー摂取量、その日の体調などを考慮しながらその子に見合った量で飼い主がしっかり管理して上げることが重要です。

 

 

「季節の変わり目」も餌やドッグフードを食べなくなる原因になります

 

人間同様、犬も季節の変わり目は食欲が減退しやすくなります。

 

人間も気圧の変化で低気圧だと体調が悪くなったりしますが同様に犬も特に、寒暖差が激しい冬から夏や、夏から冬にかけては食欲が減退しやすく、犬が餌やドッグフードを食べない原因の一つとなります。

 

このように、飼っている愛犬がドッグフードを食べないのにはそれなりの理由があります。

 

なぜ食べないのかどうしてもわからない場合は感染症の疑いもあります

 

犬の単なるわがままなど、犬が原因の場合もあれば、おやつのあげすぎなど人間が原因の時もあります。

 

急に食べなくなっ、原因もよくわからずて本当に困ったら、、動物病院で専門家からアドバイスをもらうのも良いでしょう。

 

犬が急に餌やドッグフードを食べなくなる原因の一つに、「犬ケンネルコフ」という感染症の疑いも考えられます。

 

これは、ウイルス性の感染症で、人間でいうと気管支炎にあたるものとなります。

 

この場合、人の風邪に似た症状が出ますので、食事を食べない場合は、くしゃみや鼻水を垂らしていないかをチェックしてみると良いでしょう。

 

子犬や高齢の老犬は重篤化しやすいため、似たような症状が出ているのであればすぐに動物病院で診てもらってください。