犬が関節炎でドッグフードを食べてくれない時におすすめな食餌

犬の関節炎が原因でドッグフードを食べてくれないわんちゃんに最適なドッグフード

犬の関節炎で悩んでいませんか?

 

関節炎が原因で食餌を食べてくれない時もあると思います。

 

そんな時に最適なドッグフードについて解説します。参考にしてみてください。

 

ドッグフードを食べない愛犬のお悩み解決!!

 

犬の関節炎

 

関節炎は、膝や腰などの関節に炎症が発現します。また、関節炎は小型犬でも発症しますし、大型犬でもどの犬種でも発症します。

 

更に、若年齢の犬よりも高齢の犬に多いとされます。

 

ただ、大型犬や超大型犬の仔犬の場合は急激に体が成長し、それに骨の成長が追い付かない為に急激な体重増加により関節炎を引き起こす事もあります。

 

関節炎は、骨と骨の間にある軟骨がすり減った結果、骨同士が接触して炎症が起こり、関節炎が引き起こされます。

 

また、犬が、肢を引きずったり、段差を上りたがらなくなったり、歩きたがらないようになったりするなどをしたりした場合には、関節炎になっている疑いがあるので、動物病院で詳しい検査を行うようにしましょう。

 

関節炎になった場合に必要な栄養

 

関節炎になった場合には、炎症や関節の損傷を引き起こす酵素を減少させるとされるオメガー3脂肪酸や軟骨の健康な状態を維持するグルコサミンやコンドロイチンが必要です。

 

また、ビタミンEやビタミンC、βカロチンは健康維持をサポートをするので、これらのビタミンが含まれるドッグフードを選ぶようにします。

 

さらに、肥満は関節炎の原因なので、体重を適正体重にするようにダイエットをしたり、運動を無理しない程度に行うようにします。

 

ただ、運動をさせる場合には関節に負担がかからないようにしましょう。

 

関節炎になった場合にお勧めなドッグフード、カナガン

 

イギリスで製造されているカナガンは、市販で販売されていないドッグフードで、購入するのには通販しかないので手元に届くまで少し時間がかかりますが、犬の健康を考えて製造されているドッグフードといえます。

 

犬の健康に害を及ぼす可能性がある肉の副産物や人工添加物、アレルゲンになる可能性が高いとされる穀類が含まれていないドッグフードで、飼い主としては安心して食べさせることができます。

 

また、栄養価も高いので食餌量も少なくて済むのでコストパフォーマンスも高いといえます。

 

関節炎になった犬にとっては、炎症や関節の損傷を引き起こす酵素を減少させるとされるオメガー3脂肪酸を豊富に含んでいるサーモンオイルや健康維持をサポートするビタミンなどを多く含むニンジンやリンゴが含まれているので、最適なドッグフードといえます。

 

また、軟骨を健康な状態を維持するグルコサミンやコンドロイチンも豊富に含まれています。

 

更に、カナガンに含まれる原材料の1つであるサツマイモは食欲を抑える効果があるので、ダイエットにも最適といえます。